出産・育児のため給料がもらえないとき

出産手当金

被保険者が出産のために仕事を休み、産前産後休業に相当する期間の給料が支払われないときには「出産手当金」が支給されます。給料の一部を受けていた場合でも、その額が出産手当金より少額の場合は、差額を支給します。また、在職中に給付要件を満たしていた場合は、退職後も支給されます。

給与等の支給証明が必要ですので、勤務先を通して請求して下さい。

任意継続被保険者は対象外です(退職時に給付要件を満たしている場合を除く)。

支給の条件

妊娠12週以上(85日目以降)の分娩(生産・死産を問わず)で、会社を休み給料をもらえないとき。

支給期間

分娩日以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から分娩日の翌日以後56日目まで

出産予定日より早い場合、遅い場合
出産が予定日より早い場合は出産前42日間分を、出産が予定日より遅れた場合には、出産前42日間に遅れた日数を加えて支給します。

双子以上の出産で、第1子と第2子の出産日が異なる場合
産前98日と産後56日に加え、第1子と第2子が生まれる間の日も支給します。

支給額

1日につき標準報酬日額の2/3

標準報酬日額は、「支給を始める日」の属する月以前の、直近の継続した12ヶ月の標準報酬月額の平均の30分の1、に相当する額です。
なお、被保険者期間が1年に満たない場合は、「直近の継続した標準報酬月額の平均の30分の1」に相当する額、または「支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の30分の1」に相当する額の、いずれか少ない額です。

ただし、給与の一部が支給されていた場合
「出産手当金支給日額>支給された給与の日額」であれば、給与との差額を支給。

申請書類はこちら

出産手当金請求書 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)