海外で医療を受けたとき

イラスト

海外旅行先で急病になり医療機関にかかったときは、健康保険証が使えませんので「海外療養費」を請求することができます。

いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書など)を健康保険組合に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。

払い戻される額

国内での保険診療を基準に健保組合が査定した額から自己負担金を控除した額、または、海外での支払い金額から自己負担金を控除した額のいずれか低い方の額

療養を目的として渡航し診療を受けた場合は支給対象外です。

請求は受診者別に、診療月毎・医療機関毎・入院/外来毎に提出してください。

申請書類はこちら

療養費支給申請書 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)
診療内容証明書・領収明細書(海外用) 書類 書類(PDF)