医療機関を自由診療(自費)で受診したとき

保険証なしでお医者さんにかかると、自由診療扱いになります。旅先で急病になるなど、やむをえず保険医以外の医療機関にかかったとき、または保険医療機関で保険証を提出できなかった正当な理由があるとき、及び医師の指示により生血液の輸血を受けたときは「療養費」を請求することができます。

但し、特別な理由も無く保険証を提示しないまま診療を受けた等、やむを得ない理由が認められない場合は請求できません。

払い戻される額

自由診療

健康保険が認める療養の給付の範囲内で査定された額から自己負担金を控除した額

輸血の血液代金

輸血(生血)を受けるときの血液代の基準料金から自己負担金を控除した額

必要な書類

  1. 療養費支給申請書(当健保所定用紙)
  2. 診療費・血液代 等の領収書(レシート不可)
  3. 診療内容明細書(傷病名・処置の内容等が記載された明細、またはレセプトの写)
    または、医師の輸血に関する証明書(理由書または意見書)

請求は受診者別に、診療月毎・医療機関毎・入院/外来毎に提出してください。

傷病名が記載されている明細書の添付が必要です。明細書の例はコチラを参照して下さい。

診療を受けた同月内であれば、健保証を窓口へ提示することにより精算されるケースも有ります。精算については、医療機関の窓口へお問合せください。

自由診療は高くつきます

自由診療は保険診療に比べて治療費が割高のようです。健康保険組合が支給する療養費は、保険診療を基準として査定した額ですので、自由診療の場合、みなさんの負担額は多くなります。

ですから、万一の場合以外は、保険証を持参して受診するようにしましょう。

申請書類はこちら

療養費支給申請書 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)
診療明細書・領収書(国内用) 書類 書類(PDF)
診療内容証明書・領収明細書(海外用) 書類 書類(PDF)