被扶養者の資格が無くなるとき

被扶養者資格を喪失する事由が発生した場合、ただちに「被扶養者異動 減少届」に資格を喪失する方の当健保発行の健康保険証(該当の場合は、高齢受給者証・限度額適用認定証・特定疾病療養受領証も含む)及び必要となる書類を添えて各事業所の健保業務担当部門(任意継続・特例退職者は直接健保組合)へ提出して下さい。

主な事由

必要となる書類

「就職」や「短時間労働者に該当」などにより健康保険の資格を取得したとき

就職先から発行された健康保険証の写しまたは資格取得証明書

「被扶養者認定条件を超える収入を得るようになった」など、収入条件を1つでも満たさなくなったとき※1

収入を証明する公的書類
必要により、事由発生日が判るものの写し
(勤務形態証明・給与明細 等)※2

被保険者が『被扶養者の主たる生計維持者』に該当しなくなったとき

認定条件を満たさなくなった日が判るもの等の写し

被扶養者が死亡したとき※3

死亡診断書等、死亡日が判るものの写し

被扶養者が後期高齢者医療制度に該当したとき

添付書類は不要

※1 数ヶ月の短期雇用でも、その間の月収が『収入基準の月額』を上回る場合は被扶養者の資格が無くなります。

※2 勤務形態の変更・時給の改定等、明確な事由発生日の判るものが無い場合は、過去の給与明細(写)等をお願いする場合があります。

※3 『家族埋葬料請求書』も提出してください。

[!]注意

●手続きをせずに、認定条件を満たしていないことが“後日”わかったときは、認定条件を満たさなくなった日(事由発生日)にさかのぼって資格を喪失します。

●別居者への送金が確認できなかった場合は、最終送金該当月の翌月1日で資格喪失します。

●事実と異なる申請を行った事が明らかになった場合は、当初の認定日にさかのぼって資格取消します。

資格喪失等の事由発生日以後に当健保組合が負担した医療費、および、健診等の健保補助金は、全額返却していただきます。

申請書類はこちら

被扶養者異動 減少届 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)
家族 埋葬料請求書 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)