被扶養者になれる人の範囲

健康保険では、被保険者の収入で生計を立てている一定の範囲の扶養家族についても給付を行っています。この扶養家族を「被扶養者」と呼びます。

被扶養者になれる人は下図の通りですが、「同居したから」「配偶者になったから」などを理由に無条件で認定されるものではなく、一定の条件が必要になります。

被扶養者に認定されると、被保険者と同様にさまざまな保険給付(医療の給付や一時金など)を受けることができます。そのため、被扶養者と認定する際には何よりも公正な審査が重要であり、当健保組合は細かな基準をつくって「被扶養者として適当かどうか」を判断しています。被扶養者認定基準を満たしているか確認をするための各種提出書類等が必要になりますので、みなさんのご理解をお願いします。

結婚・出産・死亡等で被扶養者の増加・減少を申請する場合は、事由発生後速やかに「被扶養者異動届」に必要となる書類を添付して勤務先事業所の健保業務担当者様へ(任継・特退に加入している方は直接健保に)提出してください。

なお、収入や別居・同居にかかわらず『後期高齢者医療制度』の対象となったかた(75歳以上または一定の障害のある65歳以上)は被扶養者にはなれません。

被扶養者になれる人

(1)被保険者と同居していても別居していてもよい人(下図、三親等内親族表の赤枠内の人)
配偶者(内縁関係も可)、子・孫、兄弟姉妹、父母・祖父母などの被保険者の直系尊属
(2)被保険者と同居していることが条件になる人
(1)以外の3親等内の親族、被保険者の配偶者(内縁関係も可)の父母・連れ子、配偶者(内縁関係も可)死亡後の父母・連れ子

被扶養者資格のチェック

被扶養者資格のチェック

被扶養者を申請する場合は、「被扶養者異動届」に証拠書類を添えて提出してください。

被保険者が、被扶養者申請した方の「主たる生計者である」と健保が判断した場合は被扶養者として認定され、健康保険証が交付されます。

被扶養者の範囲図(三親等内親族表)

被扶養者の範囲図

数字は親等数を表わします。

以外の親族は同居が条件です。