特定健康診査・特定保健指導

平成20年4月から、厚生労働省による医療制度改革の一環として、健保組合などの医療保険者に対し、40歳から74歳までの被保険者(本人)および被扶養者(家族)に「特定健康診査・特定保健指導」を実施することが義務づけられました。
「特定健康診査」(以下、特定健診)は、死亡原因の多くを占めている生活習慣病の一歩手前といわれるメタボリックシンドロームを見つけ、「特定保健指導」により病気を予防するとともに、これに関して年々増加する医療費の適正化を図ることを目的としています。
医療保険者には、保健指導の徹底からデータの蓄積・管理、生活習慣病有病者・予備軍の減少、医療費の適正化効果などの評価が求められます。

40~74歳の社員の方は、事業所で実施する定期健康診断等を受診します。
健診結果については事業所より健保組合に提供されます。

特定健康診査

利用対象者

  1. 40歳以上の被扶養者
  2. 任意継続・特例退職者医療制度に加入している40歳以上の被保険者

特定健康診査受診券を利用した場合、「人間ドック」や「生活習慣病」は利用できません(健診項目が重複するため)。

受診方法

  1. 富士フイルムグループ健保組合から、健康診断実施のご案内(施設型健診、特定健診受診券ほか)が送られてきます。
  2. 受診可能な健診機関に特定健診の予約をします。
  3. 案内(受診券など)と健康保険証を持参して、予約した健診機関で受診します。
  4. 健診結果が、受診した方及び健保組合に届きます。
  5. 「特定保健指導」に該当した方に、健保組合から情報提供・保健指導のご案内が届きます。

受診可能な健診機関は、健康保険組合連合会の「特定健診等実施施設検索システム」から検索できます。
パスワードとして「健康保険組合の名称」と「保険者番号」の入力が必要になりますので、お手元に健康保険証をご用意ください。なお特退制度にご加入の方は、「保険者番号」の最初にある2桁の『63』を『06』に換えて入力してください。

年度当初は、集合契約への参加確認中のため閲覧できない都道府県もあります。データが更新されるまでの間は、利用を希望されている医療機関へ今年度健診実施の可否を直接お問い合わせください。

上記検索システムで表示される集合契約「A」「B」の医療機関に加え、当健保に加入している方は、健保直営の「健康管理センター」も利用できます。

特定健康診査の項目

【基本的な健診項目】
(1)質問票: 服薬歴、喫煙歴など
(2)身体測定: 身長、体重、BMI、腹囲
(3)理学的検査: 身体診察
(4)血圧測定
(5)血液検査
 [脂質] 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
 [血糖] 空腹時血糖またはHbA1c(いずれか一方、または両方)
 [肝機能] GOT、GPT、γ-GTP
(6)尿検査 尿糖、尿たんぱく

【より詳しい検査項目】
一定の基準のもとで医師が必要と判断した場合に行う検査
(1)心電図検査
(2)眼底検査
前年度の特定健康診査で、「内臓脂肪の蓄積状況・空腹時血糖値・中性脂肪・収縮期血圧又は拡張期血圧」の全ての検査結果が一定の基準値に該当していた場合に実施
(3)貧血検査
貧血の既往歴がある、又は医師の診察で貧血が疑われた場合に実施

基準に該当しない方が「詳しい検査項目」を追加した場合は有料になります。
「詳細健診」部分の受診判定に使用しますので、前年の検査データを持参してください。

健診結果の判定、結果通知

健診結果をもとに、受診者の方々を3つのグループに振り分けます。

1.腹囲とBMI

タイプ1(腹囲)


男性で85cm以上  女性で90cm以上

タイプ2(BMI)


腹囲が 男性で85cm未満  女性で90cm未満
でもBMIが25以上

2.追加リスク項目

≪血糖≫

≪血圧≫

≪脂質≫

≪質問票≫

空腹時血糖
100mg/dl以上、
または
HbA1c 5.6%以上
収縮期血圧
130mmHg以上
または拡張期血圧
85mmHg以上
中性脂肪
150mg/dl以上
または
HDLコレステロール
40mg/dl未満
喫煙中
(他のリスクが1つ以上の場合のみカウント)

グループ分け

タイプ1で、2追加リスクは0
タイプ2で、2追加リスクは0

≪情報提供レベル≫

タイプ1で、2追加リスクが1
タイプ2で、2追加リスクが1~2

≪動機づけ支援レベル≫

タイプ1で、2追加リスクが2以上
タイプ2で、2追加リスクが3以上

≪積極的支援レベル≫

特定保健指導

特定健診の結果から分けられた「グループ」に応じた保健指導を行います。

≪情報提供レベル≫
受診者全員に対し、健診結果の見方や生活習慣病についての基礎知識など生活習慣を見直すための情報を提供します。

≪動機づけ支援レベル≫
医師、保健師、管理栄養士などが面接し(原則1回)、生活習慣改善のためのプログラムを作成します。6カ月後に実績を評価し、改善度を確かめます。メタボリックシンドロームの徴候が見られる方が対象です。

≪積極的支援レベル≫
医師、保健師、管理栄養士などが面接し、生活習慣改善のためのプログラムを作成します。その後3カ月以上、面談や電話、E-mailなどで継続的な支援を行い、6カ月後に実績を評価します。メタボリックシンドロームの可能性が高いと判断された方が対象です。

特定健康診査等実施計画

平成20年度から「特定健診及び特定保健指導」が5ヵ年計画でスタートしました。

平成25年度からの5ヵ年計画(第二期)および 第一期の結果についてお知らせします。

詳細は「特定健康診査等実施計画」(PDF)をご覧下さい。