医療と介護両方が高額になったとき

介護保険サービスを受けている人がいる世帯で高額療養費の算定対象となり、医療保険と介護保険の自己負担額を合算した額が一定額を超えた場合、超えた分が払い戻される制度「高額医療・高額介護合算療養費制度」があります。

申請には市区町村発行の「介護自己負担額証明書」が必要になります。まずは、お住まいの市区町村におたずねください。

対象となる自己負担

1年間(8月1日から翌年7月31日まで)に、同一世帯の被保険者および被扶養者の医療費自己負担と介護保険制度サービスを利用自己負担との合算額が一定額を超えた場合、その超えた分が「高額介護合算制度」として支給されます。
基準日(通常は7月31日)において異なる医療保険制度(後期高齢者医療制度・国民健康保険など)に加入している方は合算されません。
また、超過額が500円未満の場合や医療・介護のいずれかが¥0-の場合は申請できません。
70歳未満の方は21,000円以上のレセプトが、70歳~74歳の方は全てのレセプトが合算対象となります。

高額療養費または高額介護サービス費の給付を受けていた場合、自己負担金から給付額を控除した額が対象となります。

高額医療・高額介護合算療養費制度の限度額

70~74歳 69歳以下
標準報酬83万円以上 67万円 212万円
標準報酬53万円~79万円 141万円
標準報酬28万円~50万円 67万円
標準報酬26万円以下 56万円 60万円
低所得者II 31万円 34万円
低所得者I 19万円

申請書類はこちら

高額介護合算療養費支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)