当健保に加入している方々の介護保険料

40~64歳(第2号被保険者)に該当する被保険者(被扶養者が第2号被保険者に該当するの方も含む)は、医療保険と介護保険の保険料を合わせて、加入している健保組合に納めます。
保険料の算定法や算定額は、加入している健保組合によって異なります。

保険料の計算方法

介護保険料は、「標準報酬月額・標準賞与額」に「保険料率」を掛けて計算されます。この保険料率は、社会保険診療報酬支払基金から年度ごとに当健康保険組合に割り当てられた介護給付費納付金の総額を、40~64歳の被保険者全員の標準報酬月額総額及び標準賞与額で割って算定され、事業主と折半して負担します。

介護保険料の納め方

40歳を迎えると「第2号被保険者」となります。法律上では『誕生日の前日が40歳に達した日』となるため、誕生日の前日が属する月から介護保険料を納めることになります。

<例>6月1日生まれ:5月31日に第2号被保険者該当⇒5月分から徴収

同様に65歳で「第1号被保険者」になる方は、65歳の誕生日の前日が属する月から第1号被保険者になるので、その月から健保で徴収する介護保険料は不要になりますが、その後は在住の市区町村に個別に「第1号被保険者」の介護保険料を納めることになります(保険料は市区町村ごとに別途決められています)。

なお「特定被保険者」に該当する方は、当健保にも介護保険料を納めていただきます。

被保険者の年齢 被扶養者の年齢 健保へ納付する介護保険料
40歳未満 40歳未満 健保への納付不要
40歳未満(特定被保険者) 40歳~65歳未満
(第2号保険者)
健保組合へ介護保険料を納付

※第2号及び特定に該当した人数の増減に伴う保険料の増減は有りません。
40歳~65歳未満
(第2号保険者)
40歳~65歳未満
(第2号保険者)
40歳~65歳未満
(第2号保険者)
65歳以上
(第1号保険者)
65歳以上(特定被保険者)
(第1号保険者)
65歳未満
(第2号保険者)
65歳以上
(第1号保険者)
65歳以上
(第1号保険者)
健保への納付不要

第1号に該当した65歳以上の方は、市区町村へ介護保険料の納付(第1号該当人数分)が必要です。

「海外居住」等により、世帯全員「適用除外」の届出を行った場合、介護保険料は納付不要です。

申請書類はこちら

介護保険適用除外該当・非該当届(海外赴任者・国内帰任者用) 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)
介護保険適用除外該当・非該当届(施設入居者・在留期間3ヶ月未満の外国人用) 書類 書類(PDF) 記入見本(PDF)