家計にも優しい「ジェネリック医薬品」を活用しましょう

当健保組合では、年々膨らむ「医療費の削減」及び皆さんが負担する「医療費の一部負担金を軽減」するために、『ジェネリック医薬品』の普及に取り組んでいます。これに伴い、医療費(調剤費)の削減効果が見込まれる方には、ジェネリック医薬品のご案内も各ご家庭にお送りしています。

厚生労働省でもジェネリックの普及に取り組んでいます。新薬と同じ成分・同じ効果で、価格が安いジェネリック医薬品を活用し、医療費を節約しましょう。

節約できる医療費ってどのくらい?

お薬の種類によっても、削減できる費用は3割~7割と大きく異なります。
たとえば、3割負担で毎月1,200円のお薬代を支払っている方が半額になった場合で算出してみましょう。

個人負担(3割)
健保負担(7割)

1,200円 →
2,800円 →

600円  ⇒
1,400円  ⇒

1年間で 7,200円
1年間で16,800円

合 計

1年間で24,000円

高血圧等、慢性的な疾病で長期間にわたって薬を処方されている方は、負担を大幅に軽減する事ができます。

どのくらい費用がやすくなるのか?
服用している新薬に対応するジェネリック医薬品は有るのか?
積極的にジェネリック医薬品を取り入れている医療機関はどこ?
など、「ジェネリック医薬品」について調べる場合はこちらから

ジェネリック医薬品はなぜ安いの?

「新薬」の開発には長い年月と膨大な費用が掛かるため、他社が製造・販売できないよう特許で守られています。この期間を経過すると他の製薬会社でも、厚生労働省の承認を得ることで、薬の製造・販売ができるようになります。それが「ジェネリック医薬品」で「後発医薬品」とも呼ばれています。

「ジェネリック医薬品」は「新薬」と同じ有効成分ですが、後発医薬品の研究開発に要する期間は短く、経費も掛からないため安く販売する事が出来るようになります。

どうしたらジェネリック医薬品が購入できるの?

まだジェネリック医薬品が開発されていない場合もありますので、まず医師に「ジェネリックに変更可能か」確認してください。

また、院外処方の医療機関で発行された「処方箋」には、通常「新薬」が記載されています。調剤薬局で薬を処方してもらう場合には、薬剤師に「ジェネリックに変更できる薬が無いか」確認してもらうこともできます。但し、すべての薬局で各種のジェネリック医薬品を揃えているとは限りません。また、処方箋の『変更不可』欄にチェックが付いている薬は、ジェネリックに変更することはできません。